上手なファクタリングの選び方について

ファクタリングの特徴や魅力とは

売掛債権を入金前に譲渡し、資金化する資金調達方法をファクタリングと呼んでおり、近年注目を集めています。企業が保有している売掛金を、ファクタリングの会社が買い取るという仕組みであり、期日前に現金化することができて、万が一売掛先が倒産してしまった場合には支払いのリスクを回避できるというのも大きなメリットです。素早く資金調達できたり、銀行や取引先に知られず資金調達ができるなども含め、メリットが多いことから注目を集めていますが、人気を高めたことにより優良とはいえない業者も増えてきており、しっかりとした業者選びが重要になっています。手数料を始めとした違いをしっかりと比較してから選ぶことがポイントです。

二社間か三社間かも選び方のポイントとなる

ファクタリングはサービスの提供企業により、二社間のみの対応が三社間のみの対応か、そしてどちらにも対応しているのかに違いがあります。手数料を少しでも低くして資金の調達がしたいという場合には、三社間を選んでおくべきといえます。しかし三社間の場合には取引先の承認が必要となってくるということは頭に置いておくようにしましょう。取引先との契約や調整が必要になるで、その分手間はかかりますが手数料も少なくて済み、現金化できる金額が大きくなるというメリットがあります。サービス提供業者の選び方として、自分が求めるスタイルに対応しているかは、事前にチェックしておくべきということは間違いありません。

対応もチェックしておく必要がある

手数料がどの程度かや、取り扱い金額の違いはもちろん、償還求償権の有無などサービス提供業者を選ぶ際には、チェックしておかなくてはならない点は多岐に渡ります。しかし始めて利用するとなれば、わからないことが多くて悩んでしまうのではないでしょうか。その場合にはスタッフの対応に注目しておくようにしましょう。今の時代ならばインターネットを使えば簡単に検索することができますが、決める前に電話で問い合わせたり面談をしてから決めることが大切です。特に継続的に行う場合は長い付き合いになるので、選び方の一つとしてサポート体制が整っているのかはかなり重要視しておくべきポイントとなります。審査は面談により手数料も変わるので、気をつけるようにしておきましょう。契約書がしっかりとあるのかや、適正価格の相場からかけ離れすぎてはいないのかなど確認しておかなくてはならない点は多岐に渡ります。