仕訳上の売掛金を譲渡しキャッシュ化するファクタリングのメリットと留意点

手持ちの売掛金を売ってキャッシュを確保できます

仕訳上の売掛金の入金が遅い、あるいは、サイクルが非常に長いときは、ファクタリングを利用することによって資金調達をしてみるべきです。これは、売掛債権を譲り渡して、資金化し資金調達するメカニズムになります。キャッシュフローが立ち行かなくなることを回避するために、欠かす事が出来ないサービスであると言えるでしょう。所有している売掛金を、専門会社へ売り払って、間髪入れずにキャッシュを獲得することができます。

実行することで得られるメリット

金融機関サイドからつなぎ融資をしてもらおうと考えたら、これに関しては仕訳上借入金と化してしまいます。たしかに、つなぎ融資を受けることになればキャッシュフローに関しては一時的にどうにかなりますが。借り入れが増加すれば利息の支払いも発生することになります。その結果、中長期的において、資金繰りを圧するということが起こる可能性があります。これに対してファクタリングにつきましては、売掛債権譲渡のため、仕訳上借り入れという形で計上しないことも不可能ではありません。それに加えて、売掛先が経営破たんしたとしても、支払いリスクが生じません。売掛金そのものが絶対に回収することができるとは限ったことではなく、ファクタリングについては、活用すると売掛先企業が破綻してしまった場合でも、譲渡金を弁済する必要がありません。これに関してはとても大きなアドバンテージであると言えるでしょう。

実行する場合の留意すべき点について

留意すべき点として、活用する場合は、取り扱い手数料を欠かすことが出来ません。売掛金自体を支払いまで待機してキャッシュに換えるよりも、取り扱い手数料の相当分だけ目減りすると考えた方がいいと考えられます。それに加えて、売掛先の会社組織と、自分の会社、それからファクタリング会社の三者間取引となるので、売掛先企業の同意を得ることが不可欠です。ですので、交渉並びに手続き分だけ時間を要するということが注意すべき点としてあります。それに加えて、取引の中身によりましては、売掛債権譲渡するといった場合、債権譲渡特例法により、債権譲渡登記を実施する必要性があります。こうした登記を絶対に行なわねばならないケースがありますので、あらかじめチェックが不可欠です。加えて、取り扱い手数料が高水準で、売掛金がないと資金調達することはできません。そのうえ、売掛債権額の範囲内でしか調達することができません。